重要な購入先選択作業

コピー機中古コピー機を含む中古オフィス機器を販売する業者は、各々が幅広い個性と特徴を有しています。メーカーの正規販売代理店に準ずる店構えと対応のショップ、ネット上に特化したオンラインショップ、更にはいわゆる廃品回収業者もしくは古道具屋的な店構えから、圧倒的な低価格を売りとする業者まで、その選択肢はさまざまです。何よりメーカー希望小売価格とは無関係の中古品ですので、同一機種で同じ程度の状態の販売価格が、大きく開いているケースも珍しくありません。

心情的にはより安価な掘り出し物を逃がしたくないところですが、ここで思い出していただきたいのが、コピー機は安価な消耗品ではなく、必要不可欠な精密機器であるというポイントです。

例えばコピー用紙などであれば、クリアすべき画質基準を満たしていれば、1円でも安価に大量確保できれば、その積み重ねが大きな経費節減効果に直結します。しかし常にトラブル発生のリスクと迅速確実なメンテナンスの必要性が伴うのがコピー機です。極端な安価が魅力であっても、それが「現状は売りっぱなしでアフターケア無し」であれば、お得感よりもリスクが大きいとの結論にたどり着きます。購入先選択に際しては、購入後に想定されるいろいろな場面と、それらに対してどれだけ確実な対応を約束してくれるのか、この部分を見落としてはなりません。

メリットとリスクを知る

コピー機中古コピー機のメリットと問われれば、大半の方々が条件反射的に、販売金額すなわち費用負担軽減をあげられることでしょう。新品蔵出し商品と1度でも人手に渡った経緯のある新品同様品では、外観も実際のそれまでの使用頻度が同じであったにせよ、その市場価格は大きく異なります。中古品には基本、メーカーの正規保証対象外というデメリットこそ見られますが、今日大半の中古コピー機専門業者は、独自の保証期間やアフターケアを設定しており、実際にはほとんど不安を覚える必要はないでしょう。

但し数年落ちの機種の場合、再販までの期間にどのように使われ続けて来たのか、きれいにレストアされた外観からは見極めが難しく、新品と比較した場合、突然のトラブルのリスクが無視できません。精密機器の奥深い部分での経年劣化やパーツの疲労が、販売時には問題無くとも、いざ購入した直後のタイミングで露呈しないとも限りません。

特にコピー機が使用不能となった場合、日々の業務に甚大な支障が想定される業種の場合、こうしたリスクを最大限回避する姿勢が必要でしょう。安価であるメリットと不安定は表裏一体なのが、コピー機を始めとするオフィス関連精密機器に共通していることを踏まえ、慎重に最終選択されることをお薦めします。

中古コピー機という存在

一昔前の中古品に対する先入観の中には「安かろう悪かろう」的な捉え方が否めなかったと思います。それが高額品や精密機械などになれば、万一のリスクに対する警戒心から、こうした傾向がより顕著だったとも推察されます。しかし時代の変化と進化の中、中古品自体が持つポテンシャルを最大限活かすべく、より高度な技術とノウハウを用いたレストア作業が、急速に実施されるようになりました。その結果、最新型の新品商品に性能面で勝るとも劣らず、さらに外観も中古品と感じさせない商品が、数多くのジャンルで次々と市場に送り出されています。

男性こうした世の中の動向は、あらゆる事業所や店舗に必要不可欠なコピー機の分野にも、顕著に見て取ることができます。各社が続々と新機種を発表し市場に供給する一方、同程度の機能を備え、より安価で調達が可能な中古品は、コストパフォーマンス面のメリットから、多くの購入検討者にとって、見過ごせない選択肢となっています。さらに必ずしも最新機種が全ての面でベストとは言い切れず、各々のニーズにジャストフィットする機能を搭載する、中古機種の選択がよりよいと判断される場面も少なくありません。

ここでは日々酷使が避けられないコピー機に着目し、中古コピー機を調達するメリットとリスク、またどこから購入するのが確実なのか、調達先選択の重要性など、お役立ていただける内容をお伝えします。今後新たにコピー機を手配されるに際し、ここで紹介する情報を、少しでもご活用いただければ幸いです。