一昔前の中古品に対する先入観の中には「安かろう悪かろう」的な捉え方が否めなかったと思います。それが高額品や精密機械などになれば、万一のリスクに対する警戒心から、こうした傾向がより顕著だったとも推察されます。しかし時代の変化と進化の中、中古品自体が持つポテンシャルを最大限活かすべく、より高度な技術とノウハウを用いたレストア作業が、急速に実施されるようになりました。その結果、最新型の新品商品に性能面で勝るとも劣らず、さらに外観も中古品と感じさせない商品が、数多くのジャンルで次々と市場に送り出されています。

男性こうした世の中の動向は、あらゆる事業所や店舗に必要不可欠なコピー機の分野にも、顕著に見て取ることができます。各社が続々と新機種を発表し市場に供給する一方、同程度の機能を備え、より安価で調達が可能な中古品は、コストパフォーマンス面のメリットから、多くの購入検討者にとって、見過ごせない選択肢となっています。さらに必ずしも最新機種が全ての面でベストとは言い切れず、各々のニーズにジャストフィットする機能を搭載する、中古機種の選択がよりよいと判断される場面も少なくありません。

ここでは日々酷使が避けられないコピー機に着目し、中古コピー機を調達するメリットとリスク、またどこから購入するのが確実なのか、調達先選択の重要性など、お役立ていただける内容をお伝えします。今後新たにコピー機を手配されるに際し、ここで紹介する情報を、少しでもご活用いただければ幸いです。

中古コピー機という存在