コピー機中古コピー機のメリットと問われれば、大半の方々が条件反射的に、販売金額すなわち費用負担軽減をあげられることでしょう。新品蔵出し商品と1度でも人手に渡った経緯のある新品同様品では、外観も実際のそれまでの使用頻度が同じであったにせよ、その市場価格は大きく異なります。中古品には基本、メーカーの正規保証対象外というデメリットこそ見られますが、今日大半の中古コピー機専門業者は、独自の保証期間やアフターケアを設定しており、実際にはほとんど不安を覚える必要はないでしょう。

但し数年落ちの機種の場合、再販までの期間にどのように使われ続けて来たのか、きれいにレストアされた外観からは見極めが難しく、新品と比較した場合、突然のトラブルのリスクが無視できません。精密機器の奥深い部分での経年劣化やパーツの疲労が、販売時には問題無くとも、いざ購入した直後のタイミングで露呈しないとも限りません。

特にコピー機が使用不能となった場合、日々の業務に甚大な支障が想定される業種の場合、こうしたリスクを最大限回避する姿勢が必要でしょう。安価であるメリットと不安定は表裏一体なのが、コピー機を始めとするオフィス関連精密機器に共通していることを踏まえ、慎重に最終選択されることをお薦めします。

メリットとリスクを知る