コピー機中古コピー機を含む中古オフィス機器を販売する業者は、各々が幅広い個性と特徴を有しています。メーカーの正規販売代理店に準ずる店構えと対応のショップ、ネット上に特化したオンラインショップ、更にはいわゆる廃品回収業者もしくは古道具屋的な店構えから、圧倒的な低価格を売りとする業者まで、その選択肢はさまざまです。何よりメーカー希望小売価格とは無関係の中古品ですので、同一機種で同じ程度の状態の販売価格が、大きく開いているケースも珍しくありません。

心情的にはより安価な掘り出し物を逃がしたくないところですが、ここで思い出していただきたいのが、コピー機は安価な消耗品ではなく、必要不可欠な精密機器であるというポイントです。

例えばコピー用紙などであれば、クリアすべき画質基準を満たしていれば、1円でも安価に大量確保できれば、その積み重ねが大きな経費節減効果に直結します。しかし常にトラブル発生のリスクと迅速確実なメンテナンスの必要性が伴うのがコピー機です。極端な安価が魅力であっても、それが「現状は売りっぱなしでアフターケア無し」であれば、お得感よりもリスクが大きいとの結論にたどり着きます。購入先選択に際しては、購入後に想定されるいろいろな場面と、それらに対してどれだけ確実な対応を約束してくれるのか、この部分を見落としてはなりません。

重要な購入先選択作業